筑前若松 戸明神社 「神前結婚式の御案内」

神 前 結 婚 式

新しい人生の第一歩を踏み出す門出を祝う為に、神前にて結婚式を執り行います。
神前式の始まりは、明治34年に日比谷大神宮(現在の東京大神宮)で行われた結婚式といわれています。これは、明治33年に皇室婚嫁令が制定され、後の大正天皇の御婚儀が宮中の賢所(かしこどころ)で行われ、それに倣ったものです。一般に広く普及したのは昭和30年代に入ってからです。

挙 式 次 第
一、一拝
結婚式を始めるにあたり、神様に御挨拶します。
一、修祓
式に際し、お清めをいたします。
一、祝詞奏上
斎主が大神様に対して、二人の結婚を奉告し、弥栄を祈ります。
一、夫婦誓の盃
新郎新婦が大・中・小の盃で、お互いにお酒を飲み交わし、夫婦の契りを固めます。
一、誓の詞奏上
新郎新婦に誓の詞を読み上げて頂きます。
一、結婚指輪の儀
新郎新婦が指輪の交換をおこないます。
一、新郎新婦玉串奉奠
玉串(榊に紙垂[しで]を付けたもの)に想いを込めて、神様に捧げます。
一、親子親族固めの杯
新郎新婦と両家親族の縁を結びます。
一、仲人玉串奉奠
仲人に玉串を奉って御拝礼して頂きます。
一、両家代表玉串奉奠
御両家親族の方は、自座にて列拝して頂きます。
一、一拝
結婚式を終えるにあたり、神様に御挨拶します。
結婚式にあたって
一、お申込み方法
日取りが決まりましたら、当社へ御相談のお電話をお願い致します。その後、来社し結婚式申込用紙に必要事項を記入の上、挙式料5万円をお納め頂きます。
「大安」の日を御希望の方は、できるだけ早めに御相談下さい。
二、所要時間について
挙式所要時間は約30分です。
 ※挙式当日は20〜30分前に控室にお入り頂きます。
三、参列可能人数
媒酌人 2名、新郎側 16名、新婦側 16名、計34名を最大とさせて頂きます。
四、初穂料
神前結婚式 5万円
  ※申込時にお納め頂きます。
五、その他
・当社に披露宴会場はございません。
・御二人だけの結婚式も受付致しております。詳細につきましては、受付の際に御相
 談下さい。
お 問 合 せ
戸明神社(093)741−1105